奈良県奈良市の歯科医院 「松田歯科クリニック」は歯周病治療にも力を入れております

奈良県奈良市南紀寺3-62-4
TEL 0742-24-4618

トップページ
松田歯科クリニックの医院案内
松田歯科クリニックの院長紹介
院内・設備紹介
インプラント治療
CTレントゲン
歯周病治療

歯周病とは?

歯周病の原因

歯周病の進行

歯周病と全身疾患

歯周病治療の流れ

歯周組織再生療法

メンテナンスと予防

審美歯科治療
矯正歯科治療
当院の診療例
初診予約受付
松田歯科ブログ

奈良市 歯科
「松田歯科クリニック」
の携帯サイトはこちら

歯周病の進行


歯周病の進行が始まると歯ぐきから血や膿がでます。 歯や歯ぐきの周りに歯周病原菌が付着して歯ぐきを侵し始めると、体は細菌をやっつけようとする自己防衛機能(免疫)が働き、白血球の中の好中球などの防衛軍が出てきます。歯肉に炎症が起こって腫れたり、ブラッシング時に出血することもあります。 歯肉炎を放置すると歯周病に進行します。歯周病は進行度によってP1~P3の3段階に分かれます。ここでは歯周病の進行状態をご説明します。PとはPeriodontal disease(=歯周病の略称)。

健康な状態

歯肉の色は薄いピンク色で、歯と歯ぐきのすき間(ポケット)もなく、歯ぐきが引き締まっています。ブラッシングをしても出血はしません。

軽度歯周病(P1)

歯肉の色は、赤みを帯び、歯ぐきが赤く腫れ上がり、歯を磨いたり、歯を磨いたり硬い物を食べると出血することもあります。

中度歯周病(P2)

歯と歯肉の境に付着している歯肉中の細菌が毒素を出し、歯肉に炎症をもたらします。ポケットの炎症が慢性化して、骨が溶けはじめます。口臭もあり、歯が浮いたような感じがします。

重度歯周病(P3)

歯肉の色も赤紫色のようになり、歯と接している歯肉がさらにぶよぶよと腫れ、退縮します。歯と歯の間が広がり、食べ物もよく詰まります。歯肉が退縮して、歯が長く見えます。



Copyright(C)2017 MATSUDA DENTAL CLINIC All rights reserved. 【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】